BLOG

​建築模型の作り方ブログ

スタディ模型、白模型、カラー模型など

ブラボーワンで製作してきた模型が完成するまでの

過程をご紹介しています。

製作の手順、作り方のコツなど実際に作っていく

上でのヒントがいっぱいです。

森住建様 S邸の製作 3

カラー模型の完成 しばらく忙しかったので、更新が滞ってしまいました。 さあ、カラー模型が完成しました。 ダイナミックな招き屋根が美しい建物ですね。 上から見た庭とカーポートです。 カ―ポートの屋根には乳白色の素材を使っています。 郵便受けの付いたサインポールも作りました。 2階のベランダは屋根があるので、急な雨でも洗濯物が濡れる心配がありません。 内部から見たベランダ周りです。 階段から2階廊下にかけての構造が意外に難しく、かなり手間取りました。 階段を降りたところがリビングで、壁にはパントリーがあります。 中央の引き戸を開けた奥は、洗面所です。 洗面所の奥がバスルームです。 洗面台や棚、浴槽もちゃんと作ってあります。 アイランドキッチンや棚などを作り込むことによってリアルさが生まれ、実際に生活している様子が想像できます。 これが模型の強みですね。 この模型は森住建様のイベント会場に展示され、お施主様にも大変喜んでいただいたとのことです。 森住建様、ありがとうございました。

森住建様 S邸の製作 2

建物細部の工作 さて、カラー模型の製作の続きです。 トイレの便器や棚といった小物は、壁を全部取り付けた後では接着しにくくなるので、先に接着 してしまいます。 ここでちょっと困ったことになりました。 この時点で、クライアントから外構の図面をいただいたのですが、玄関ポーチの階段が2段ではなく5段が正しいのでした。作り直すしかないので、せっかく作った階段部分をカットします。(泣) 上が元のパーツで、下に並んでいるのが作り直しのパーツです。 この5枚を貼り合わせて階段にして、スロープも作り直します。 建物が出来たら、展示台を作ります。 まずは5ミリのスチレンボードで箱を作り、天面にグレーの紙を貼ります。 その上に敷地を作っていきます。 手前の車が印刷してある部分は駐車スペースで、奥のスチレンボードが敷地です。 敷地は地面より70センチ程かさ上げしてあるので、スチレンボードにゲタを履かせて高くしておきます。 敷地にはあらかじめ両面テープを貼っておき、建物を接着したら、庭のスペースに砂利を撒きます。 砂利は鉄道模型に使うバラストです。 敷地を囲むように、化粧ブロックのパーツを取り付けていきます。 玄関のひさしは、別に作っておいてから接着します。 ひさし本体はスチレンボードですが、柱は強度を確保するため、ヒノキの工作材を使います。 これで建物の工作は、ほぼ終了です。 あとは駐車スペースのカーポートと植栽を作れば完成です。 次回は完成写真をご覧いただきます。

森住建様 S邸の製作 1

スチレンボードの住宅模型 こんにちは。 今回は、スチレンボードによる1/50のカラー模型の作り方をご紹介します。 何はともあれ、まずは床面から。 クライアントから頂いた仕様表に従って、メーカーのサイトからフローリングの画像を拾ってきて印刷したものを3ミリのスチレンボードにスプレーのり77で貼ります。 その上に貼ってはがせるスプレーのり55で平面図を貼って、外形ラインに沿ってカットします。 トイレと洗面所とバスルームは床の素材が違うので、平面図をはがしたら、クリーム色の紙を貼っておきます。 次に同じ要領で、壁面を作ります。 重なっている一番下がスチレンボード、その上にサイディングを印刷した紙、一番上に立面図です。 赤いラインは1階と2階の分割ラインですが、これで悩みました。 この物件の屋根は招き屋根なので、普通に水平に分割すると、2階の東面が細くとんがってしまい、強度が保てなくなります。 そこで、L字型に分割することにしました。 床と壁を仮組みしてみました。 今回の物件は上から見たとき、シンプルな長方形なので、作りやすそうです。 玄関を出たところで階段になっているので、スチレンボードを2枚重ねます。 さあ、いつも苦労する階段です。 1階と2階を、決められた段数で隙間ができないようにつながなくてはなりません。 階段に関係する周りの壁と一つのブロックになるように組んでいきます。 階段の裏側は洗面所になっています。 1ミリのスチレンボードで棚を作り、引き戸はメーカーのサイトの画像を貼ってあります。 こういう細かい部分は、四方の壁を立ててからでは作業がしにくいので、ブロックごとに作ってい

トップへ

戻る

無料

お見積り

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now