検索
  • 渡辺太至

建築模型 A社様 S邸住宅白模型の製作 2


床が出来たところで壁を立てていきましょう。

作るのに手間がかかる階段か水回りから組んでいきます。

今回は水回りから始めました。

一番奥の外壁を最初に立てて基準とし、浴槽や押し入れを作りながら手前へ手前へ進めていきます。

内壁を全て立ててから最後に周りの外壁を立てることもありますが、建物の構造によってケースバイケースで変えています。プラモデルのように説明書があるわけではないので、どういう手順で組めば組みやすくきれいに仕上げられるか考えるのも、模型作りの楽しくも難しいところです。

壁に作り付けの棚があったりする場合、壁ごと一つのブロックとして組んでしまい、後から本体に接着した方が楽に作業が進められます。

クローゼットの折れ戸なども、やはりあらかじめ壁に接着しておきます。

S邸では2階の階段上部は吹き抜けで、構造材である梁をあえて見せる設計になっていますので、バルサ材を接着しておきます。

今回の階段は参考写真を頂いただけで図面での指示がなかったので、原寸で簡単な図を書いてみました。

描いた図面を塩ビ板に貼り付け、カッターで切り抜き、白スプレーで塗装します。

バルサ材で踏み板を作り、階段の完成です。

普通の日本家屋では階段は回り階段になっていて、階段下は収納スペースになっていることが多く、作るのに手間がかかります。

それが無い分今回は楽かと思いましたが、これはこれで結構手間です。

さて次回、外構を作り完成写真をご紹介いたします。


0回の閲覧

トップへ

戻る

無料

お見積り

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now