BLOG

​建築模型の作り方ブログ

スタディ模型、白模型、カラー模型など

ブラボーワンで製作してきた模型が完成するまでの

過程をご紹介しています。

製作の手順、作り方のコツなど実際に作っていく

上でのヒントがいっぱいです。

建築模型 ドイツの駅の製作 7

ベンチの製作 ここでちょっと建物から離れ、ディオラマの小道具として駅舎の脇に置く予定のベンチを作ってみます。 材料は1ミリのプラバン。 同じ1/35スケールのフィギュアを脇に置いて、大きさを考えながらベンチの側面をフリーハンドで作図します。 これを切り出すのですが、こういう場合の鉄則。全体形を切り出す前に、穴の部分を先にあけること。先に全体形を切り出すと、パーツが小さくなり作業がしづらく、破損しやすくなるからです。 切り抜いたら、ヤスリで穴の形を整えておきます。 切り出したら、またもヤスリで全体形を整えます。 デザインナイフの刃で、切り口にめくれができるので、これもやすって面を出しておきます。 満足のいく形になったら、それをテンプレートにしてもうひとつ作図します。 同じ要領で、形を整え、同じ形のものが複製できました。 それぞれ4箇所ずつピンバイスで浅い穴を掘って、真鍮線を差し込み接着固定します。 ここに、細長く切ったバルサを貼るのですが、貼ってしまうと塗りわけが面倒なので、まずこの状態で塗装します。 ベンチと前回作った鉄格子と時計を、塗ります。 三つとも自分のイメージでは、濃いグリーンだったので、日本海軍の濃緑色で塗ります。 ただ、そのまま塗ると塗る対象が小さく、ほとんど黒に見えてしまうので、白を混ぜて明度を上げておきます。 ベンチの木部を、リキテックスの赤で塗ります。少々塗りむらがあっても、かえってそのほうが 変化があっていいので、気にせず進めます。 黄土色でドライブラシして、ペンキのハゲを表現しておきます。 で、これをフレームにゼリー状瞬間接着剤で接着して、

建築模型 ドイツの駅の製作 6

まだまだ続くよ小物の製作 さて、建物に付属する小さなデッキを作ってみましょう。 まず2階の張り出した小屋部分を支える柱を作ります。柱は5ミリのヒノキ材を図面に合わせて切り出します。目の細かなノコギリとガイドブロックがあれば簡単な作業ですが、これを作った時点では持ってなかったので、カッターナイフで押し切りました。たかが5ミリでもすごく力が要ります。 デッキ本体は、5ミリの角材と1ミリのバルサ材を組み合わせて作ります。 接着は木工ボンド速乾を使っています。これはその名の通り乾きは早く、そのうえ位置決めも余裕を持って行え、価格も安いといった木工作には理想的な接着剤です。 デッキにつながる階段の材料を切り出します。 階段の踏み板には接着面積を増やすために、補強材をつけておきます。 建物本体に組み付けました。 建物の立体的な表情が付いて、いい感じです。 土台と束石はスチレンボードで、この後デッキと一緒に塗装します。 建物1階の窓に鉄格子がはまっているので、これも作りましょう。 0.3ミリのプラバンにピンバイスで等間隔に穴を開け、鉄格子本体は0.5ミリの真鍮線です。 瞬間接着剤で固定するとこうなります。 これを塗装して、窓枠にはめ込むわけです。 もう一つ小物、ポストを作ります。 材料はバルサですが、そのまま組んだのでは接着面積が少なく強度的に不安だったので、スチレンボードを芯にして周りに板材を貼り込む構造にしてみました。 ポストの完成です。 ドイツの郵便局のイメージカラーは黄色。ただそれは現代の話で、この模型の時代設定である第2次大戦初期の頃は何色だったかは調べても分かりませんでした。なの

建築模型 ドイツの駅の製作 5

小物を作ろう 前回、雨樋を作りましたが、次に雨水を下に逃がす縦樋を作ります。 工作のポイントは、折れ曲がり部分をどう加工するかです。 初めはプラ棒を斜めに角度をつけてカットして作ろうかとも思いましたが、接着面が少なく強度的に不安だったのと、望んだ角度で接着するのは難しいと考え、アルミパイプを使うことにしました。 3ミリのアルミパイプに、図面の位置に合わせて目立てヤスリで直径の半分くらいまで、切り込みを入れます。 さらにヤスリで削って、切り込みをV字型に広げていき、1/4ほど残して曲げ、折れ曲がり部分を作ります。 アルミは柔らかいのでサクサク削れ、曲げ角度も自由に調整がききます。 倉庫のドアの取っ手を作ります。 0.3ミリの真鍮線を曲げて取っ手を作り、細長く切り出したプラバンに接着します。 作業は簡単なのですが、難しいのは大きさをそろえることです。 4つ作るのにいくつもロスが出てしまいました。 この駅の名前をどうしようか、いろいろ考えていまして、ドイツの鉄道模型の雑誌に載っていたグリュンベルクという名前にしました。実在する地名なのかどうかも分かりませんが、響きがいいのとUの上の二つの点の記号がいかにもドイツ語らしくて気に入りました。 で、駅名表示板を作ります。 文字はワードで作り、写真用紙に印刷します。赤い丸の標識もついでに作っておきます。 そのままではきれいすぎるので古びた感じを出すために、油彩のマースブラックとバーントアンバーをテレピン油で溶いて汚し塗装をします。 それを1ミリのバルサ材に貼って、小口を着色すれば駅名表示板の完成です。 所々サビが雨に流れて、リアルに仕上がりま

建築模型 ドイツの駅の製作 4

大まかな形ができたところで、小物を作っていきましょう。 雨樋を作ります。 雨樋を作るのに一番悩んだのが、材料を何にするかでした。 最終的に決定したのは、100円ショップで買ってきた園芸用の銅板です。 まずこれを6ミリ幅に切り出します。 切るのは、普通のカッターでOK。1ミリプラ板を切る要領で、1度に切ろうとせず、定規を当てて何回もカッターの筋を入れていくと切れます。 次に、切り出した銅板を、3ミリプラ棒に押し当てて真ん中に軽く折れ目をつけて、そのまま指で銅板をプラ棒になじませます。そのままでは、反ったりねじれたりしているので、指で少しずつ形を直します。 その際、エッジにシワが出来ますが、またプラ棒に当てて爪でしごいてやると簡単に消えます。こうして、何回か曲げてはシワを消すを繰り返すと、やがてピンと真直ぐな樋が出来上がります。 先端部分は、プラ棒にはめたまま工具の尻など硬いもので折り重ねて、フタをするように曲げます。 先端の半円を残すように、はみ出た部分をニッパーでカットします。 次に雨樋を軒に取り付けるための金具を、0.5ミリの真鍮線を曲げて作ります。 同じ形状のものをたくさん作らねばならないので、かなり面倒です。 この金具を軒に差し込み、銅板から作った雨樋を取り付ければ、雨樋の完成です。 この建物は全くの手作りなので、どんなパーツも一つ一つ材料は何が一番適しているか、それをどんな方法で加工するか、全て考えなければなりません。大変ですが、そこが模型製作の面白いところでもあります。

トップへ

戻る

無料

お見積り

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now