BLOG

​建築模型の作り方ブログ

スタディ模型、白模型、カラー模型など

ブラボーワンで製作してきた模型が完成するまでの

過程をご紹介しています。

製作の手順、作り方のコツなど実際に作っていく

上でのヒントがいっぱいです。

建築模型 Y邸住宅白模型の製作 1

奈良県にお住まいのY様より、ご自宅の白模型のご注文を頂きました。 今回の模型も敷地前の道路が坂になっているので、まずは敷地作りから始めます。 接道が手前左から右へ向かって低くなっているので、まず図面から勾配を割り出し、水平面が右下がりになった直方体を作り、土台とします。 その上に建物が載る敷地を、立ち上がりに角度をつけて天面が水平になるように接着します。 いつもなら、次は外壁を作るところですが、今回は屋根からいきます。 切り妻の場合は、先に本体を作り現物合わせで屋根を作る方がやりやすいのですが、今回は寄せ棟なので、どのタイミングで作っても問題はありません。 各パーツの接合面は角度をつけてカットしなくてはなりませんが、目分量できちんと角度を出すのはほぼ不可能です。なので、深めに角度をつけ、接着したとき表面に隙間が出来ないようにします。 写真は下から見上げた状態で、接合部に隙間が出来ていますが、写真左の軒裏天井を取り付ければ見えなくなるので、これも問題ありません。 上から見ればこの通り、全く隙間無くきれいに仕上がりました。 続いて外壁を作ります。 東西南北の壁面ごとに印刷した図面を、3ミリのスチレンボードにスプレーのり55で貼り、外壁のラインに沿って切り出します。図面には1階2階の分割ラインを、あらかじめ赤ペンで書き込んでおきます。パーツを切り出してバラバラにすると、どれがどのパーツなのかわかりにくくなるので、それぞれのパーツに「北1F」「南2F」のように名前を書き込んでおくと、後の作業がスムーズになります。 塩ビ板で作った窓を壁パーツに接着します。このとき、窓の無いパーツはどこの

建築模型 A社様 S邸住宅白模型の製作 3

1階を展示台に接着します。 接着には両面テープとスチのりを併用しています。 植栽はグリーンにする時もありますが、今回は白でいきます。 5ミリのスチレンボードに白のシーナリースポンジを接着して作ります。 踏み石は1ミリのスチレンボードです。 展示台にはあらかじめ両面テープを貼っておき、芝生のカラーパウダーや鉄道模型用のバラストを撒いてやります。筆でバラストを広げ、指で圧着してやります。 白のかすみ草を植え、駐車スペースにミニカーを置いて、完成です。 2階の屋根を外した状態です。 中央の大きな部屋は子供室で、将来壁で区切り、部屋を二つにする予定です。 階段を上りきったところには、作り付けの机と小さな畳コーナーがあります。 私が子供の頃には考えられませんが、トイレが1階2階両方にあるのは、今では常識ですね。 1階内部です。 S邸の特徴は階段ですね。 普通、階段は玄関脇に下を収納スペースにして設置することが多いのですが、あえてLDKに持ってきて、吹き抜けとつなげてオシャレな空間を作っています。 その階段は、LDKの大きな窓からもよく見えます。 これも最近の住宅に多く見られるのですが、玄関は家族用と来客用に分けられ、来客用はすっきりと、家族用には大きなシューズクローゼットが設けられています。 このことをお客様に説明するのにも、模型はとても有効かと思います。 いかがでしたでしょうか。 A社様、ご注文ありがとうございました。 今後とも、よろしくお願いいたします。

建築模型 A社様 S邸住宅白模型の製作 2

床が出来たところで壁を立てていきましょう。 作るのに手間がかかる階段か水回りから組んでいきます。 今回は水回りから始めました。 一番奥の外壁を最初に立てて基準とし、浴槽や押し入れを作りながら手前へ手前へ進めていきます。 内壁を全て立ててから最後に周りの外壁を立てることもありますが、建物の構造によってケースバイケースで変えています。プラモデルのように説明書があるわけではないので、どういう手順で組めば組みやすくきれいに仕上げられるか考えるのも、模型作りの楽しくも難しいところです。 壁に作り付けの棚があったりする場合、壁ごと一つのブロックとして組んでしまい、後から本体に接着した方が楽に作業が進められます。 クローゼットの折れ戸なども、やはりあらかじめ壁に接着しておきます。 S邸では2階の階段上部は吹き抜けで、構造材である梁をあえて見せる設計になっていますので、バルサ材を接着しておきます。 今回の階段は参考写真を頂いただけで図面での指示がなかったので、原寸で簡単な図を書いてみました。 描いた図面を塩ビ板に貼り付け、カッターで切り抜き、白スプレーで塗装します。 バルサ材で踏み板を作り、階段の完成です。 普通の日本家屋では階段は回り階段になっていて、階段下は収納スペースになっていることが多く、作るのに手間がかかります。 それが無い分今回は楽かと思いましたが、これはこれで結構手間です。 さて次回、外構を作り完成写真をご紹介いたします。

建築模型 A社様 S邸住宅白模型の製作 1

兵庫県神戸市の工務店、A社様より住宅模型のご注文を頂きました。 実は1月にご注文を頂いた案件ですが、なかなかブログの更新が出来ず遅くなってしまいました。 それでは、完成までの製作の様子をご紹介いたします。 神戸は坂が多い街なので、今回のS邸も接道が坂道で駐車スペースにも勾配がついています。 敷地を作る前にどこがどれだけ高いか低いかを確認するため、スケッチを描いてみました。 平面図には設計GL+○○、-○○という数字が入ってますが、数字だけでは頭の中にイメージしにくいので、立体的な図を描いて頭の中を整理します。 今回は、駐車スペースが奥から手前にかけて低く、同時に左から右にかけて低くなっています。 図を基に3ミリのスチレンボードで敷地を作ります。 写真では勾配はほとんど判別できませんが、ちゃんと指示通りの数字で勾配がつけてあります。 正直、かなり面倒です。(笑) 薄いクリーム色の部分は、後で芝生のカラーパウダーを撒くために貼っておいた両面テープです。 さあて、外壁を作りましょう。 1/50サイズに印刷した立面図を、東西南北の壁面ごとにスプレーのり55で3ミリのスチレンボードに貼ります。スプレーのり55は貼ってからはがせますが、スチレンボードの表面にどうしてものりが少し残ってしまうので、貼る前にスチレンボードにベビーパウダーをはたいておくと、のりが残らずきれいにはがせます。 で、こいつを外壁のラインに沿って、出来るだけ正確に切り出します。 次に窓を作ります。 マスキングテープを貼った塩ビ板に窓を並べて作図して、窓枠をカッターで切り抜きます。 このとき、なるべくロスが出ないように同じ

トップへ

戻る

無料

お見積り

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now