BLOG

​建築模型の作り方ブログ

スタディ模型、白模型、カラー模型など

ブラボーワンで製作してきた模型が完成するまでの

過程をご紹介しています。

製作の手順、作り方のコツなど実際に作っていく

上でのヒントがいっぱいです。

建築模型 K社様 A邸白模型の製作

愛知県一宮市の設計事務所、K社様より1/100の白模型のご注文をいただきました。 K社様は新規のお客様で、ご要望としては、窓はくり抜きのみ、室内を作り、①屋根、②2階床、 ③建物、④敷地及び外構の4つのパーツに分解できるようにしてほしいとのことでした。 こういう分解方法の模型は作ったことはありませんでしたが、大丈夫、やってみましょう。 今回は珍しいところから作り始めました。 玄関ポーチの階段は5段あり、2ミリのスチレンボードを貼り合わせて作りますが、そのまま貼ったのでは玄関土間より少し低くなってしまうので、それぞれの段の裏に画用紙を貼り、高さを稼いで調整しています。 これで玄関の土間とポーチの高さが同じになりました。 今回は床に関しては、図面を貼り付けたものをそのまま生かす作りです。 壁パーツを作ります。 壁同士の接合部分は一枚残しというテクニックを使いますが、今回腕がなまってしまったのか何度も失敗して4回ほど作り直しました。(笑) テクニックを維持するには毎日の修練ですね。 いつも通り、階段周りは一つのユニットとしてあらかじめ組んでしまいます。 1/100ではパーツがグッと小さくなるので作りにくくなりますね。 垂直の基準となる大きな壁を最初に床に接着して、階段周りを取り付け、そこに付随する内壁を接着していきます。棚や袖壁は作業しやすいよう、あらかじめ壁に接着しておきます。 1階が完成しました。 普段は外壁ごと1階2階を分解するように作るのですが、今回はこの上から2階の床をスポッとはめ込んで取り外せるようにします。 2階を作ります。 床に内壁を立てるだけで、当然外壁はありません

建築模型 森住建様 K邸カラー模型の製作

岐阜県池田町の工務店、森住建様より1/50のカラー模型のご注文をいただきました。 森住建様は私が住む池田町の工務店で、ブラボーワンの創業の時からお世話になっていて、今回で5件目のお仕事です。 1階の床を作ります。 カラー模型ですので、フローリングや土間、畳などの素材表現をします。 メーカーのサイトから素材の画像を拾ってきて、ペイントで画像を複製して印刷したものをスチレンボードに貼り付けて作ります。 また、土間は一段低く、畳コーナーは一段高くしておきます。 これが壁のパーツです。 床と同じようにサイディングのテクスチュアを印刷した紙を貼り、塩ビ板で作った窓も接着しておきます。壁は一面だけ板張りになっています。 階段を作るのはいつも時間がかかります。 階段の一段の高さは普通20センチで、1/50なら4ミリですが、これまで4ミリのスチレンボードは存在しませんでした。そのため、1ミリと3ミリのスチレンボードを貼り合わせて作っていました。 しかし最近、4ミリのスチレンボードが発売され始めたので、手間が少し軽減されました。 それでも、階段下に収納スペースを確保しながら、立体として破綻しないように作るのは手間がかかります。 壁を組み立てていくのですが、クロスの一部にアクセントカラーが使われていたり、棚があったりする場合はあらかじめ壁に接着してから、壁同士を組んでいきます。 森住建様の設計の特徴の一つが坪庭です。 建物内部に小さな自然を取り入れて、心癒やされる空間を作っています。 玄関ポーチはスロープになっていて、壁の一部が板張りでオシャレです。 黒い柱は、タミヤの2ミリのプラ棒を塗装したもの

建築模型 アトリエ創様 I邸カラー模型の製作

愛知県一宮市の設計事務所、アトリエ創様より1/75のカラー模型のご注文をいただきました。 去年の秋の話ですが、ブログを書く暇が無かったので、少し遅くなりましたがご紹介いたします。 今回は斜面に建っている建物なので、地形を再現しなくてはなりません。 建物裏手の斜面の大まかな形をスチレンボードで作ります。 その上から樹脂粘土を盛り付けていきます。 敷地が完成しました。 濃いグレーが道路、明るいグレーが建物裏手の駐車スペースです。 図面をよく見て、どの地点がGLよりどれだけ高いか、あるいはどれだけ低いか、ちゃんと把握しなくてはなりません。 外壁のパーツを作ります。 外壁の色を印刷した紙を貼ったスチレンボードに、図面を貼ってカッターで切り抜きます。 図面だけはがして、塩ビ板で作った窓パーツを接着しておきます。 壁を組んでいきます。 今回は内部省略なので手間は少なくてすみますが、外壁の形がかなり複雑なので、少々手こずりました。 ベランダなどはあらかじめ組んでから、本体に取り付けた方が作業がしやすいです。 同じ理由で、出窓も先に組んでしまってから本体に取り付けます。 ガルバリウム鋼板の屋根を再現するため、1ミリ幅に切り出した紙を貼り付けていきます。 太陽光パネルは、ネットで拾った画像を写真用紙に印刷し、上に塩ビ板を重ねて作ります。 芝生を再現するため、カラーパウダーを撒きます。 平面の部分は両面テープ、裏手の斜面は水で溶いた木工ボンドで固定します。 これで完成です。 落ち着いた色合いの上品な建物ですね。 いくつも建築模型を作っていると、設計事務所ごとにそれぞれ特徴があることが分かります。

トップへ

戻る

無料

お見積り

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now