BLOG

​建築模型の作り方ブログ

スタディ模型、白模型、カラー模型など

ブラボーワンで製作してきた模型が完成するまでの

過程をご紹介しています。

製作の手順、作り方のコツなど実際に作っていく

上でのヒントがいっぱいです。

建築模型 M邸住宅カラー模型の製作 2

この建築模型製作ブログも、すっかり間が開いてしまいました。 仕事が詰まっているときはブログまで手が回りません。 やっと一息ついたので、続きをご紹介しましょう。 さて、床の次は外壁を作るのですが、その前によく図面を検討しなくてはなりません。 赤線で囲った壁に共通することは何でしょう? それは、「外壁がそのまま内壁に一直線につながっている」ということです。 もし、床パーツをぐるりと囲むように、外壁パーツだけを作り、内壁パーツを後から取り付けるとどうなるでしょう? 完成した模型を外側から見たときは問題ありませんが、内側から見ると、青い矢印の部分に外壁と内壁の接合ラインが見えてしまいます。 見えてもいいといえばいいのですが、それではカッコ悪いので、接合ラインが出ないよう、外壁と内壁が連続した1枚の壁パーツとして切り出すのです。 ここで見落としをやらかすと、後でパーツを作り直さなくてはならなくなるので、よーく図面を見ましょう。 次に外壁のパーツを切り出します。 1/50スケールなら基本的に3ミリ厚のスチレンボードを使います。 ジョリパットやサイディングのテクスチュアは、メーカーのサイトなどで画像を拾ってきて、プリントアウトしたものをスチレンボードにスプレーのりで貼り付けます。 その上から、壁ごとにバラバラに切った立面図を、貼ってはがせるスプレーのりで貼り付けます。 材料にロスが出ないように、それぞれの壁パーツをうまく組み合わせるのも大切なことです。 それをライン通りにカットして、窓やドアの開口部をくりぬいておきます。 立面図をはがしたら、コンクリートの基礎の部分にグレーの紙を貼っておきま

トップへ

戻る

無料

お見積り

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now