森住建様 T邸の製作 2

May 20, 2016

カラー模型内部の作り方 

 

 

壁パーツが出来たところで、床パーツに接着していきます。

この建物は北面の壁に沿ってトイレ、畳コーナー、坪庭、階段、バスルームが一列に並んでいる構造なので、まず手間のかかるここから始めます。

階段や押し入れの棚、坪庭の植栽などは、壁をすべて取り付けてしまうと指が入らなくなってしまうので、この時点で取り付けてしまいます。

 

 

次に隣接する洗面所、キッチンの棚、玄関を組み立て、最後に正面の壁を接着します。

 

 

2階を組む時は、階段の開口部分から始めます。

どうしても1階の階段とズレが出やすいので、うまくつながるように微調整しながら組んでいきます。

 

 

また、組んでいる途中に出来上がった1階に何度も乗せて、1階の壁とのつながりにズレや隙間ができないよう注意しながら2階の壁を組んでいきます。

 

 

玄関ドアや勝手口のドアは、メーカーのサイトに載っている画像を縮小印刷して、1ミリのスチレンボードに貼り付けて作ります。

 

 

ガルバリウム鋼板の屋根は、黒い画用紙を貼ったスチレンボードで作ります。

リブは裏に両面テープを貼った画用紙を細長く切り出し、等間隔に貼り付け、はみ出た部分を後でカットします。

 

 

太陽光パネルもメーカーのサイトの画像を使います。

光沢紙に印刷してスチレンボードに貼った上から、塩ビ板をかぶせて透明感を出します。

 

 

5ミリのスチレンボードで作った展示台の上面全体に両面テープを貼り、コンクリートの部分はグレーの色画用紙を貼ります。

芝生は鉄道模型用のカラーパウダーを撒きます。

 

 

木を植え、ミニカーを置いたら完成です。

立面図を見ただけでは分かりづらい建物の立体的な形が、模型なら一目瞭然です。

 

Please reload

最近の記事
Please reload

月別アーカイブ
Please reload

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now